ウォーターサーバーのデメリットとは

ウォーターサーバーのデメリットとは

ウォーターサーバーは今大人気の水の宅配サービスですが、導入を検討する際にはついメリットにばかり注意が向いてしまいます。

 

おいしいとか、重い水を宅配してくれる点など、良いところは確かにたくさんありますが、デメリットにも目を向けてみるようにしましょう。

 

まずはコスト面でのデメリットです。

 

やはりいくら宅配してくれるとはいえ、スーパーでミネラルウォーターを購入することと比べたら高いと言わざるを得ません。

 

便利さを追求する方や、健康に気を使っているという方、高齢で水を運ぶのが困難だというケースを除いては、ウォーターサーバーを導入する意味があまりないのかもしれません。

 

節約を心がけている方であれば水くらい自分で運ぶのかもしれませんし、例え手間がかかるとしても、自分でお湯を沸かせば済みます。

 

ですから、このようなコスト面で言えば多少のデメリットはあります。

 

それからウォーターサーバーは設置する場所が必要ですので、場所をとってしまいます。

 

お水も数個まとめて宅配されるので、保管場所が必要になります。

 

広い家に住んでいる方であれば問題ありませんが、ワンルームマンションなどでしたら置く場所だけでも難しいですよね。水もかなり場所を取りますので邪魔になってしまいがちです。

 

このような点がデメリットとして挙げられますので、ウォーターサーバーの導入を検討している方は一度この点を踏まえて考えてみてください。