災害時などのための備蓄用の水として

災害時などのための備蓄用の水として

今大人気のウォーターサーバーですが、これには様々なメリットがあります。

 

自宅に水を宅配してくれるという点、とてもおいしい水を飲む事ができる点、冷たい水と熱いお湯をすぐに使う事ができる点などです。

 

さらに、電気代の面でもウォーターサーバーにはメリットがあると言えます。

 

スーパーでペットボトルを購入してきた場合、冷蔵庫に保存するために冷蔵庫を開け閉めしますが、これは冷蔵庫の温度を上げてしまい、電気代がかかってしまいます。

 

一方ウォーターサーバーは電気代がかかるイメージかもしれませんが、今は随分安くなっています。

 

電源を入れたままにしておいてもそれほど電気代がかからないのです。

 

ですから冷蔵庫を開け閉めすることに比べたら電気代がお得だというメリットが挙げられます。

 

また、常時お湯が出るので、ガスを使用する必要がなく、当然ガス代も節約することができます。

 

そして大抵のウォーターサーバーは1つにつき12リットルの水が入っているのですが、メーカー側が配送料を安く抑えるために1度に2個や4個など届けられるケースがほとんどです。

 

ですから、災害時などのための備蓄用の水としても保管できるのでとても役立ちます。

 

災害時には電気が使えないとしても、水があれば少しは心強いですよね。

 

このような様々なメリットがウォターサーバーにはあります。