ワンウェイ方式のウォーターサーバーシステムとは

ワンウェイ方式のウォーターサーバーシステムとは

自宅に水を宅配してくれるサービスが最近流行っていますが、そのサービスの中には、ワンウェイ方式というシステムを取っているところもあります。

 

一般的にはウォーターサーバーと呼ばれる機器を自宅に設置し、水が届けられるのですが、システムの種類によって、水を使い切った後の空ボトルをどのように扱ったら良いかや、メンテナンスの方法が変わってきますので、ちゃんと理解しておかなくてはなりません。

 

このワンウェイ方式というのは言葉通り、使用済みの空ボトルはそのまま戻す事無く、捨ててしまおうという、いわゆる一方通行という意味を持った仕組みです。

 

このワンウェイ方式というのは、次世代サーバーとも言われているほど最新技術を利用してできているそうです。

 

一方、従来のシステムはリターナブル方式と呼ばれているようです。

 

この方式では、水を飲む時に空気がボトルに入り込んでしまいます。

 

ペットボトルを飲むときと同じだと考えて良いと思います。

 

しかし、ペットボトルであればそれほど気にならなくても、ウォーターサーバーの場合は気になりますよね。

 

ボトルの中に空気と雑菌が混ざり込んで繁殖してしまう恐れがあるので衛生的に心配です。

 

それに対し、ワンウェイ方式のボトルですと、水が減るごとにボトルがへこんでいくので、空気が中に入りにくい仕組みになっていて、中が真空状態になっていることで雑菌が入ってしまう心配が少なく、衛生的にも安心です。

 

このような方式の場合、メンテナンスが不要であることがほとんどですので、水に加えてメンテナンス料を支払うこともないですし、ボトルも飲み終わった後は潰れているので、そのままごみとして出す事ができます。